かいりきベア アイ情劣等生 音域

音域
A#3(ラのシャープ)~C6(ド)

最低音:A#3(ラのシャープ)

最高音:C6(ド)




ブロック別
・Aメロ@低:D#4(レのシャープ)~高:B4(シ)
・Bメロ@低:C#4(ドのシャープ)~高:B4(シ)
・サビ@低:G4(ソ)~高:C6(ド)

・Aメロ2@低:C#4(ドのシャープ)~高:B4(シ)
・Bメロ2@低:C#4(ドのシャープ)~高:B4(シ)
・サビ@2低:G4(ソ)~高:C6(ド)

・Cメロ@低:A#3(ラのシャープ)~高:G4(ソ)
・サビ3@低:G4(ソ)~高:C6(ド)

ABは音域とメロの変化が少なく歌いやすいが音域は高め。
サビに入ってからは異常な高音が目立ち、メロが重なる部分も多いため生歌の場合は工夫が必要。
いずれにしても、原曲キーのままだと辛い部分が多そう。

Cメロについてはテンポが変化するため、メロのリズムに注意しながらノリを意識する必要がある。
Cメロを実際に歌う場合は、最後のリリカ部分は歌い手のアレンジが必要となる。

以上から、サビの高音域の影響で難易度の高い楽曲となっている。
*コーラス除く





関連記事
→かいりきベア(目次へ)
→TOP(目次へ)

かいりきベアのアイ情劣等生 BPM(テンポ)
かいりきベアの曲


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です