King Gnu 白日 音域

音域
A#2(ラのシャープ)~F#5(ファのシャープ)
最低音:A#2(ラのシャープ)
最高音:F#5(ファのシャープ)



ブロック別
・Aメロ1(井口)@低:A3(ラ)~高:C#5(ドのシャープ)
・Bメロ1(常田)@低:A#2(ラのシャープ)~高:D#4(レのシャープ)
・サビ1(井口)@低:G#3(ソのシャープ)~高:F5(ファ)

・Aメロ2(井口)@低:A3(ラ)~高:C#5(ドのシャープ)
・Bメロ2(常田)@低:A#2(ラのシャープ)~高:D#4(レのシャープ)
・サビ2(井口)@低:G#3(ソのシャープ)~高:F5(ファ)

・Cメロ(井口)@低:A#3(ソのシャープ)~高:A#4(ラのシャープ)

・サビ3(井口)@低:G#3(ソのシャープ)~高:F#5(ファのシャープ)
・サビ4 転調(井口)@低:A3(ラ)~高:F#5(ファのシャープ)

各ブロックで音域の高低差が目立つ曲。
サビに進むにつれて音域が高くなるが、井口は高音個所やAメロなど全体的に裏声で対応している部分も多いので、よく聴いて分析してみよう。
また、最高音はF#5(ファのシャープ)のため、高い場合は迷わずキーを変更したいところだが、変える際は常田パートの低音部分A#2(ラのシャープ)に注意したい。
なお、井口と常田が一緒に歌っている個所はオクターブ違いが原則となる。
以上から、難易度としてはかなり難しい部類になり、雰囲気を出すには歌い手の実力が必要となる。
*コーラス除く





関連記事
→King Gnu(キングヌー)(目次へ)
→TOP(目次へ)

King Gnu 白日 BPM(テンポ)
King Gnu(キングヌー)の曲


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です